Bicycle election

自転車の快適性能を支えるギア

自転車の快適性能を支えるギア

自転車の快適性能を支えるギア 自転車のギアは、チェーンやスプロケットなどの部品と密接に関わり、快適な変速を行うための機能を有しています。シフトレバーを使うことで、ワイヤーを通じてチェーンを動かし、ギアを切り替えることができます。これらの部品は一体化していることが多く、コンポーネントとして開発されることも多くなっています。
ギアがあることで、自転車は坂道を楽に上ることが可能になり、サイクリングの快適さを向上させます。競輪の自転車には付いていない訳は、高速走行のために余計な部品を排除して、軽さを追求するためです。
この部品も消耗するために、定期的な交換が必要になります。アウターとワイヤーは何度も動かすことで、経年劣化が進行しますが、放置するだけでも状態が悪くなります。
スプロケットやチェーンリングの摩耗が発生すれば、変速機能も鈍くなりますから、思い切って全てを交換することも珍しくありません。
ギアのメンテナンスを怠らないようにすれば、走行中の安全性能を高めることもできます。

自転車の整備に便利なワークスタンド

自転車に乗っていると、チェーンへの注油やブレーキの調整など整備しなければならない箇所が出てきます。その際、ワークスタンドがあると非常に便利です。
ワークスタンドとは、自転車を支えておけるスタンドのことです。多くのワークスタンドで後輪が地面から浮くようになっており、自分で自転車を持ち上げることなく変速機の調整を行うことも可能です。
最もリーズナブルなスタンドが折りたたみ式の後輪を挟むタイプです。折りたためるため整備をしないときにはどこへでも収納しておくことが出来て、使いたいときには広げるだけですぐに準備できます。
価格は少し高くなるものの、手軽に使えるのがフック式スタンドです。フレームのリア部分をスタンドのフックに乗せるだけなので全く手間が掛かりません。
折りたたみ式やフック式に比べて高価ではあるもののより整備に向いているのがトップチューブを挟んで固定するタイプです。完全に車体を浮かせることが出来るため、ホイールを取り外して整備することも出来る万能スタンドなのです。

Favorite

シャイン工芸を調べる

Last update:2017/7/21

 

Copyright (C) 2015 Bicycle election. all rights reserved.